JP

EN

ARCHITECTS

オーエヌツーアーキテクツ

名古屋建築設計事務所

House within House /

本棚の家

Location:    愛知県名古屋市

Area:       67.70㎡(3LDK)

Cost:       -

Completion:    -

Contractor:     -

愛知県名古屋市にある中古マンションのリノベーション計画です。

お客様からのご要望はシンプルで、「明るい空間」、「開放感のある空間」、「大量の収納スペース」の3点のみという明快なものでした。ご要望を素直に表現するのであれば、ウォークインクローゼットのような大きな収納を設けることを考えますが、それでは収納が空間の大部分を占めてしまうため、開放感のある明るい空間を創ることが困難になります。開放感と明るさ、そして大きな収納スペースという一見矛盾したご要望を叶えるため、本計画では家づくりを考える上での常識を覆すことから計画を進めています。工夫を凝らしたアイデアの数々を順に見ていきましょう。

30代夫婦+子供一人のために設計した、名古屋市内67.70㎡の典型的な3LDK中古マンションリノベーション案です。ご要望はとてもシンプルで、主に3点

・開放感がほしい

・部屋全体が明るくなるようにしたい

・本を含めてとにかく大量の収納スペースを確保することです。

窓のない水回り空間を明るく開放的にする

本計画では、それぞれ機能を持った部屋ごとに室内窓を設けています。住宅の間取りを考える上では居室を明るい場所に優先して計画することが多いので、水回りはどうしても後回しになります。そのため洗面脱衣室やバスルームは窓が設けられず、暗くて湿気の多い空間になりがちです。そこでリノベーション前には窓が無かったトイレ・洗面脱衣室・バスルームには、部屋に面して設けられた室内窓を設けています。これにより、居室を通してですが光をもたらすことも、窓を通して換気も可能になるので水回り空間に、今まで味わえなかった明るさと開放感をもたらしてくれます。

 

違和感を与えない工夫

それぞれの部屋に設けられた窓は室内に創られたインテリア棚のモデュールに合わせて設置されています。それによって室内窓は棚の一部として空間に溶け込んでいます。そのままでは違和感を与えてしまう室内窓ですが、このように工夫することでインテリアのアクセントとして生まれ変わらせることが可能になります。

広がりだけでなく繋がりを感じられる室内窓

玄関扉を開けると、棚に置かれた数々のインテリア達があなたの帰りを出迎えてくれます。その中でも一際目立つのが玄関に向けて設けられた大きなガラス窓です。その姿は店舗にある受付窓のようにも見えますが、このガラス窓が圧迫感を和らげ、狭さを軽減してくれる役割を果たしてくれます。また、この窓を通して部屋の中で作業をしている家族の姿を確認できたり、逆に部屋の中にいる人は帰ってきた家族の姿を目にすることができるので、常に家族の気配を感じることができるようになっています。

 

奥行きを演出する鏡

玄関の側壁には床から天井まで全面に鏡を設置しています。鏡を設置することで、玄関に奥行き感を演出し、玄関全体に広がりを与えてくれます。

 

ものを隠すのではなく見せる

収納と聞くと、「ものを収納する=隠す空間を創る」という発想になりますが、ここで考えたことは普段収納の中に隠しておく物を押し込めるのではなく、思い切って棚を作り、そこに物を展示することで、収納力と開放感双方を叶えることを考えています。棚も床から少しだけ立上りを作り、浮遊感を生み出すことで空間に軽さを演出し、全体的に広がりを与えることができます。

 

棚を作ることで、部屋全体がギャラリー空間に

廊下と聞けば、ただの移動空間と考えるのが普通ですが、廊下に向けて棚を設置し、そこに物を置くことで、廊下はただの移動空間ではなく、世界でただ一つの展示空間へと生まれ変わることができます。

 

たくさん存在するからまりしろ

棚を部屋に露出し、色々な本や物を見えるように展示することで、ここに暮らす人は毎日色々なものを目にすることになります。何気なく過ごしているときに本の題名を見て本に興味を持ち、読み漁り、新たな知識を身に付けて新しいことを始めるようになる、サッカーボールを目にすることで息抜きにサッカーをしてみるなど今まで想像もしなかった新たな行動や気づきを与えてくれるきっかけになることを祈って・・・

 

さらなる開放感への追求

マンションは天井内に電気の配線等を通すための懐と呼ばれる空間を設けることが多いのですが、ここではその懐を無くし、天井のコンクリートをあらわしにしてぎりぎりまで高さを上げることで、リビング空間の天井が高くなり、更に開放感が得られるようになります。床はオークの無垢材を貼り、キッチンの壁にはタイルを設けています。そして居室の壁には調湿・抗菌作用のあるホタテの貝を粉末にした塗壁を採用しています。色合いも白系の淡く明るい色に統一することで、空間に明るさと開放感を与えてくれます。

 

まとめ

住宅はそこに住まう人にとっては数少ない買い物なので、希望が膨らむことは当然と言えるでしょう。その中には時として無茶とも思えるものもあるかもしれませんが、希望を一旦シンプルに考えてテーマを絞ることにより、その希望の組み合わせが時に思いもよらない空間を創造することもあります。答えが一つとは限らないところが家づくりの面白さでもありますので、是非とも家づくりを楽しんでいきましょう。

 

View the complete gallery

平面図 BEFORE

平面図 AFTER

断面図 AFTER

空間ダイアグラム

光があふれる家

一覧へ戻る

猫も家族も楽しむ家

Share

052 753 4785

受付時間 AM 9:00 ~ PM 5:00

どんなんことでも、お気軽にon2 Achitects 建築設計事務所にご連絡ください !

ON2 ARCHITECTS

オーエヌツーアーキテクツ

愛知県名古屋建築設計事務所

リノベーション

 

リフォーム

on2 Architects

建築設計事務所

 

事務所登録:

一級建築士事務所

愛知県知事登録(い-26)第12821号mail : info@on2architects.com

覚王山事務所

 

〒464-0835

名古屋市千種区御棚町2-44

ヴィスコンティ覚王山 102号

T 052 753 4785

F 052 753 4785

上前津スタジオ

 

〒460-0013

名古屋市中区上前津1-2-21

T 052 753 4785