Striped House / 猫も家族も楽しむ家

Location:    愛知県

Area:       125.6㎡(32)

Cost:       -

Completion:    -

Contractor:     -

1階は夫婦の寝室と子供部屋、水廻りを設け、2階は既存の間仕切りをすべて取り払った躯体の中に手摺の高さ程立ち上げた壁によって空間の仕切を設けることにより、伸びやかなDKそして床を一部撤去した吹抜けを挟んでブリッジでつながれたリビング、開放的で家族全員が集まれる空間を生み出すことができました。又手摺の高さ程立ち上げた壁によって、立ち上がると離ればなれになっていた空間が一つになり、腰を下ろすと空間を仕切れるようにより適切なプライバシーや距離感を保てるよう工夫されています。 2階に生活の中心を置くことで、日当りや風通しを確保できます。カーテンを閉めっぱで生活するのではなく、家の前が抜けて空が広く見えて、より快適に過ごせる空間を作っています。

家の真ん中に吹き抜けを設ける事により、部屋全体に広がりが生ます。 又高い位置に開口がある事で2階から1階に光がこぼれ、暗かった1階がより明るくなるようにしました。 また煙突効果により室内の通気がよくなり、より快適な空間となるようになっています。加えて開口部が少なく光のはいらない場所であった水回りの空間にルーフ来とをつける事で、それまで薄暗かった水回りの居室を明るくなるようにしました。「色」もポイントの一つです。寝室, 水廻りにカラフルな色のドアをつかうことで空間にアクセントをつけました。 さらに2階を現し天井にし、天井が高くすることによって、いっそう開放感/広がり感を作り出し同時に猫の遊び場になる工夫されています。

床は無垢材のフローリング、壁は珪藻土など自然素材を使うことにより、調湿性もあり、より快適な空間をつくり、また2Fの天井を現しにしたことで、木造にある天然材の暖かさを味わえるようになっています。既設サッシを二重サッシ窓にしたりと、より省エネ+快適に過ごせるようにしました。 テラスは既存の家屋を余り壊さずすむように、既存の外壁に”ハコ”を取り付けるようにしました。 増築部分は 家の顔としてのエントランススペースとしてではなく外部の表現にも変化をもたらし庭との関係性を強調しています。家族との連帯感を生みまた光や風を最大限に取り入れ、心地の良い住空間を形成することに重点をおいて設計しました。

平面図 AFTER 1F

平面図 AFTER 2F

平面図 BEFORE

空間ダイアグラム

コンセプト ダイアグラム

採光 ダイアグラム

on2 Architects

建築設計事務所

 

事務所登録:

一級建築士事務所

愛知県知事登録(い-26)第12821号mail : info@on2architects.com

覚王山事務所

 

〒464-0835

名古屋市千種区御棚町2-44

ヴィスコンティ覚王山 102号

T 052 753 4785

F 052 753 4785

上前津スタジオ

 

〒460-0013

名古屋市中区上前津1-2-21

T 052 753 4785