SKY SCOUT EXPWY / 空を環る大階梯

Location:    兵庫県尼崎市

Area:       -

Cost:       -

Completion:    コンペ

Contractor:     -

~未来(あす)への道、私たちの挑戦~を象徴するゲートウエイとしてのサービスエリア(SA)人口減少・少子高齢化など社会環境や生活スタイルが劇的に変化する2030年に向けて、お客様や、地域・社会とのコミュニケーションの深化を図り、増加していく高齢者や外国人等の多様化するニーズを的確に把握し、お客様の視点からの付加価値サービスの提供が「先進の道路サービスへ」を理念に掲げる阪神高速に求められています。安全・安心・快適なネットワークで、お客様の満足を実現し、関西地域のくらしや経済の発展に貢献するのです。尼崎SAは、ライフサイエンス、電池などの環境エネルギー分野で国内有数の企業・研究機関が集積し、独自の技術を持った中小企業が幅広く存在する尼崎市に位置しています。誰でも気軽に快適に利用、気楽に立ち寄り,ホッとできるSAでありながら、阪神高速の将来に向けた具体的な取り組みをお客様や潜在的なビジネス・パートナーに向けて発信するゲートウエイとしてデザインしたSAのあるべき姿を提案します。

デザイン・コンセプト ~SKY SCOUT EXPWY~

古代、天から降りてきた神を迎え入れるゲートウエイとしてデザインされてきた大階梯をデザインのメタファーとして採用しました。またそれは物事の発展の過程をも象徴し、お客様それぞれのライフ・スタイルとライフ・ステージに寄り添う人間中心のデザインを実現します。景観を象徴する様々な空の表情をお客様に探し出して欲しい、という思いを込めて~SKY SCOUT EXPWY~と名付けました。

☆~空を環る大階梯~が提供する本物のリラクゼーション体験を追求するデザイン・イノベーション尼崎市は近年では臨海部に広がる大規模工場群が夜景の名所として注目され、大阪へのゲートウエイとして淀川を眺める景観が素晴らしいことでも有名です。イベントスペースから連なり、高速道路上からさらに50段、7.5m(地上高22.5m)に頂上を設定した階段状の大空間を「大階梯」と名づけ、そこから一望する360度パノラマ体験が「きれい、あんしん、ぬくもり、やすらぎ」を追求した姿としてお客様の心に刻まれます。従来のSAの機能を越えて、関西地域全体の景観を、24時間、四季をめぐり1年中楽しむのです。大階梯ではお客様各々が自由に寛ぎ、その時々に催されるイベント体験も楽しめます。「大階梯」は極力薄く存在感を消していき、「Sky Scout」~空を環る体験~を、お客様が追求したくなるように鏡面仕上を施し、空や雲を映し出す仕掛けをしています。木立の葉陰が揺れる風景や、人の動きが知覚できる反射と屈折の折り重なる不思議な映像知覚空間を体験できます。それらの作用から、心の安らぎにまで配慮した本物のリラクゼーション体験が味わえる空間としてデザインされているのです。「大階梯」の下には、ボリュームの異なる施設ブースとしての空間を配置し、休憩所、トイレ、喫煙所等の機能要件をまとめています。ヒートアイランド化防止策として防音壁面を緑化することで心の潤いをも創り出します。夜間には美しくライトアップされた施設景観が観光資源となり、お客様の「おでかけ」を促し、過ごした時間が「思い出」となります。尼崎SA が阪神高速のメディアとしてアイコンとして地域の魅力や

未来への取り組み等を発信していく機能を内包するデザインとしています。

また、この「大階梯」は工場でのプレファブリーケーションにより製作され現場に搬入されます。また鋼板によるサンドウィッチ・パネル構造が軽量高剛性薄膜構造を実現します。これにより施工の短工期化、低コスト化、高品質化が可能となります。パネルは小径の鋼管により支持され、荷重を分散して既存躯体である道路構造体への影響を抑えるように配慮しています。「大階梯」下に配置された施設ブースにはブレースを配置し、柱を介して「大階梯」パネルの水平荷重に対する安定性を確保します。透水性コンクリートを基礎部分に使用することで真夏の輝り返しを抑えて、お客様がより涼しく利用できるようにします。芝生部分は保水性と通気性に優れた軽量緑化コンクリートを使用し、植栽に対して適度な水分と空気を供給することでメンテナンス・コストの低減にも配慮しています。また、これらのノウハウは阪神高速上のSAに限定されることなく様々な場所にフレキシブルに展開することが可能です。これらは維持管理性に優れ、災害に強く、地球環境に配慮された技術を開発・蓄積することにも繋がり、他社への外販や、他国への技術移転性に優れた建設イノベーションのコンセプトとして注目されます。

人々の心を繋ぐネットワークとして新しい挑戦の歴史が始まる1963 年、名神高速道路の粟東-尼崎インターチェンジ間が日本で初めて開通し、本格的なモータリゼーションの時代を告げました。高速道路インフラにより鍛えられた自動車産業は、輸出に耐えうる商品づくりノウハウを獲得し日本の基幹産業として発展することが可能となりました。それから半世紀を経て阪神高速は物流ネットワークを越えて、人々の心を繋ぐネットワークとして新しい挑戦を開始しています。そこには「もっと便利で快適な阪神高速が身近にある豊かで楽しい生活スタイル」の提案が掲げられており、人間中心のサービス・デザインが核となった企業理念の実現に向けた挑戦が高らかに謳われています。~空を環る大階梯~がお客様に提供する本物のリラクゼーション体験が、阪神高速の理念である「先進の道路サービスへ」の実現への原動力となることを確信しています。

on2 Architects

建築設計事務所

 

事務所登録:

一級建築士事務所

愛知県知事登録(い-26)第12821号mail : info@on2architects.com

覚王山事務所

 

〒464-0835

名古屋市千種区御棚町2-44

ヴィスコンティ覚王山 102号

T 052 753 4785

F 052 753 4785

上前津スタジオ

 

〒460-0013

名古屋市中区上前津1-2-21

T 052 753 4785