JP

EN

ARCHITECTS

オーエヌツーアーキテクツ

名古屋建築設計事務所

 Alley house /

 路地の家

近年では、人口減少・少子高齢化など社会環境や生活スタイルが劇的に変化する2030年に向けて、住む人が周りの人や環境とどのように繋がり、どのように接しするのか、地域・社会とのコミュニケーションの深化が重要になってきます。私たちは家を閉じていることに対して、人々が集まれる場所を家に作ったり、窓を大きくしたり、庭などを使って家を外に開くことに念頭を置いて計画をしてきましたが、結局はそれでもまだ閉鎖的な空間となってしまい、本当の意味で「コミュニティーとして外と繋げる」ことにはなっていません。

 

今回は、住宅本来が持つ家族という規模のコミュニティから新たなコミュニティを生み出す仕掛けを施した家として、人との繋がりが自然に生まれることができる住宅に求められる本来の姿を路地を通して提案します。まず、住宅を内部と外部で囲うフィルターを乳白色のポリカーボネートで作り、これにより部屋の内外部での距離感を調整し、前面には公共的な空間として路地を設置しました。

 

小道は街に住む人みんなでシェアできる空間で、周囲の人や街とより良い距離を作り出します。このように街というとても大きな家の部屋の一部に住んでいる感覚を作ることによって、小道は街に住むすべての人々の自然なコミュニケーションの場となり、新しいパブリックの姿が見えてくると考えます。

 

「場所すなわち安全性であり,空間すなわち自由性」というコンセプトを持たせて2 階には安心して体を癒す場所、1階にはみんなの集まれる空間を設けました。

 

 

 

1階の建物の前面に配置された路地は街に大きく開き、敷地から道路そして町全体に広がります。大きな突き出ドアを開けると小道と LDKが繋がるように計画をしており、通気性と開放感が得られるようにしています。

 

開いた大きな突き出し戸は軒下の役割となり、道ゆく人は自然に引き込まれ、自然とコミュニティが生まれます。各家庭に路地を設置してそれを町全体でみんながシェアできる暮らし方をすることによぅて単に家と人との繋がりだけでなく、家と人が一体となり町全体へと繋がります。

 

街というとても大きな家の部屋の一部に住んでいる感覚、そこには街に住まうすべての人々びとの自然なコミュニケーションの場となり、新しいパブリックの姿が見えてくると考えます。

 

路地はそのコミュニティを育む為の空間となり「何を育てているのですか?」「私の作った野菜と交換しませんか?」「うまく育たないのですがどうしたらいいのですか?」

など、共通の趣味を持った人同士が新たな関係を築いたり、採れたて野菜や果物で一緒に料理して、レシピ交換をしたり、パーティーをしたりもできます。そして、広いお庭を有効活用して、住人みんなで週末BBQをしたりして楽しむことも出来ます。

小道では共通の趣味に特化ことも可能で「自転車が壊れたんだけど直してくれないかな?」「あの人が、ギターリストって知っていた?」など相手の趣味や職業に歩み寄る機会にもなります。

 

路地があることにより、例えば路地に各家庭で菜園を育てながら満喫する穏やかなスローライフを実現でき、そこに集まってきた人々が、地域を潤すようなコミュニティ空間を可能にしたりと、どこの家に行っても違う展開を見せることができ、「ここに住んだら楽しい」「この家に帰りたい」という気持ちを湧き立たせてくれる装置となります。

 

こんな生き生きとした感じが、屋内外だけでなく、周辺・町全体ともつながって、集まり、お互い助け合うことからこそ生まれる豊かな環境と良好な景観を築き上げられると思っています。

 

このような「路地の家」が並ぶことでアクティビティが連続し,道路や隣地境界を越えた「路地」ができます。「路地」は街の人をも取り込むことで,公共性をもち,新たな街のインフラとなる姿が見えてくると考えます。

現在建設され続けている住宅とは、閉鎖的で一般的に家族と呼ばれる関係を繋げる箱でしかありませんでした。その住宅に路地を加えることで住宅という規模から派生して新たな住宅の境界が生まれます。壁で仕切られた空間が境界であった住宅が人同士の繋がりによって境界が無限に広がっていき住宅という仕切りが曖昧になっていくそ、そんな住宅がこれからの新しいコミュニティを築いていくと思います。

 

近年では高齢化が進み、「おひとり様」となってしまう高齢者が増加しています。今回の様に境界の考え方を変えて閉鎖的であった空間を解放することで最小限のプライベートは守りつつも自分の趣味や好みが溢れ出す空間を作り出すことで「おひとり様」同士が絡み合い新しいコミュニティが住宅を通して繋がっていくことで建築の可能性を無限に広げてくれる計画プランになっていると思います。

 

路地や小道空間の様に一見無駄に見える空間にこそ人と人を繋げるきっかけになると思います。

平面図 1F

ON2 ARCHITECTS

オーエヌツーアーキテクツ

愛知県名古屋建築設計事務所住宅

 

on2 Architects

建築設計事務所

 

事務所登録:

一級建築士事務所

愛知県知事登録(い-26)第12821号mail : info@on2architects.com

覚王山事務所

 

〒464-0835

名古屋市千種区御棚町2-44

ヴィスコンティ覚王山 102号

T 052 753 4785

F 052 753 4785

上前津スタジオ

 

〒460-0013

名古屋市中区上前津1-2-21

T 052 753 4785