Boke house / 「趣味」でつながる家

Location:    千葉県船橋市

Area:       -

Cost:       -

Completion:    コンペ ( 2017 マイホーム 住宅設計コンペティション 入賞作品 )

Contractor:     -

現在ライフスタイルの多様化から様々な趣味を持って充実した生活を楽しむ人が増えてるなか、地域・社会とのコミュニケーションの深化を図り、増加していく高齢者の多様化するニーズを的確に把握し、ありきたりの建て売り住宅ではないもっとお客様の視点にたった分譲住宅の新しいありかたが求められています。今の分譲住宅はの多くは核家族が住むことを想定しているだけなので、家の中には家族以外のメンバーが集まれ、また同時に趣味を楽しんだり、その仲間と楽しむ場所があまりまりません。この計画では、家が外へとつながり、人びとが集まれそしてそこで趣味を楽しむ場として往来の分譲住宅の概念を越えて空間の広がりやそこに生活する家族や友達の関係を豊かにする住宅のあるべき姿を提案します。

まず家と回りとの距離を近づけるために、3階建ての高さの大きな鉄骨フレームを架け,吹き抜けた広場とした。そしてポリカーボで壁から、屋根までひとつづきの大きな窓にしました。吹き抜けた広場に木造のプライベート空間を入れ子状にしすることによって広場全体を中心に生活が展開する住宅の構成が生まれます。住宅に入ると外から続く床(土間)やポリカーボによって入ってくる光によって、意識的に建物の外へはこばれ家の中に入ってもまた別の外があるように感じられるようになっています。広場は趣味を楽しんだり、近所の同じ趣味の仲間と楽しんだり、子供たちがお遊戯室のように遊べるような小さな集会場になったりと外と内が一体となった開放的な場となります。

二階部分は将来の家族構成の変化に比較的簡単に対応できるような間取りにして、さらに個々の部屋から直接出られテラスを設けて様々な使い方ができる空間としました。それら空間を構造化粧板とした大きな屋根で包み込み多能な空間の中に温かさを作り出しています。この大きな屋根は夏の厳しい日差しを遮断して、冬の暖かい日差しを家の中に取り込めるようにしました。また軒下空間に内を外とを緩やかにつなぐ中間領域を設け、物干や子供や犬が走り回れるスペースとしました。コスト面では構造用化粧板やその他素材の使い方またプラン等を合理的に考える、構想をシンプルにすることによって折り合いをつけています。また上手に日光・自然風を取り入れできるよう考慮することによって、経済的にやさしく健康的な家になっています。

この住宅には空間を仕切る建具はない一室空間の建物である。小さな部屋だけで構成された間取りだと、そこに住む家族だけが空間を占有し、窮屈で閉鎖的になってしまう。空間や開口をスケールアウトさせることで、人を招き、自由に使ってよいような寛容な状態になり生活の場面ごとに変化する住人や趣味との関係によって広場を取り巻く領域も変わることができます。あるときは二つの領域を隔てる外部として感じられた広場が、別のときにはすべてを包み込んでいる内部と感じれるように、この広場は内と外が同時に存在して、性質が切り変わっていく両義的な場となっています。この家だけで成り立つ新しい家族のある方や趣味の楽しみ方が見え始めている。

断面パース

平面図 1F

平面図 2F

平面図 3F

on2 Architects

建築設計事務所

 

事務所登録:

一級建築士事務所

愛知県知事登録(い-26)第12821号mail : info@on2architects.com

覚王山事務所

 

〒464-0835

名古屋市千種区御棚町2-44

ヴィスコンティ覚王山 102号

T 052 753 4785

F 052 753 4785

上前津スタジオ

 

〒460-0013

名古屋市中区上前津1-2-21

T 052 753 4785