スキップフロアーてどんな家 メリット・デメリット

17 / 04 / 2018

LDK スキップフロアー家

スキップフロアの家は、フロアが何層もあるため、見ていても楽しいものです。ここでは、スキップフロアーてどんな家 メリット・デメリットについてご紹介しましょう。

スキップフロアーの家とは?

スキップフロアーの家というのは、中間階を作るためにフロアの高さを違えて作ったものです。また、スキップフロアー家と言うことでも、段差が数段のみの場合もあり、高さが2階とあまり違わないものなど、いろいろな高さのものがあります。家にスキップフロアーを設けることによって、有効に縦のスペースを利用することができ、続いたスペースになるため体感的にも視覚的にも面白くなります。住んでみればスキップフロアーの家は非常に面白いものですが、メリット・デメリットがスキップフロアーの家にもあります。

スキップフロアーの家のメリット

  • 都市部や広くない土地の場合に収納として利用できる

スキップフロアーの家は、立体的な縦に伸びるスペースを利用します。そのため、広くない土地の場合でもフルにスキップフロアーを利用することによって、有効に家の中を使うことができます。土地が広くないためこれ以上家を大きくできないが収納が不足しているような場合は、スキップフロアーの家であれば対応できるかもしれません。

  • スペースとしてスキップフロアーの家は楽しい

スキップフロアーがあるスペースにいれば、結構楽しくなります。そのため、家を秘密基地にしたい場合や遊び心があるものにしたい場合は、非常にスキップフロアーの家はおすすめです。スキップフロアーの家を作る場合は、家をぜひ楽しいものにしましょう。

  • 土地の高低差がある場合に非常に有効である

スキップフロアーの家を土地の高低差がある場合に作ると、非常に有効です。スキップフロアーの家を高低差がある土地に作るのは、迷路のような感じになるかもしれません。スキップフロアーの家はその土地に応じたものになるため、有効に土地を利用した家が建てられます。しかし、家を作るのはその分困難になり、時間も労力もかかります。このような場合は、設計事務所の方が工務店よりもおすすめでしょう。

  • 相性がビルトインガレージと合う

スキップフロアーの家は、相性が非常にビルトインガレージと合います。というのは、ビルトインガレージの場合は、それほど天井高さが必要無く、スキップフロアーをビルトインガレージの上に作れば、バランスが非常に良くなるためです。ビルトインガレージを作るのであれば、スキップフロアーの家もぜひ検討してみましょう。

スキップフロアーの家のデメリット

スキップフロアーの家は、先にご紹介したように多くのメリットがありますが、一方、デメリットもあります。

  • 費用がスキップフロアーはかかる

スキップフロアーの家を作る方が、普通の家を作るよりも費用がかかります。というのは、材料も手間も多くかかるためです。そのため、費用を安くした家を作るのであれば、スキップフロアーの家は止める必要があります。

  • 案外とスキップフロアーの家はスペースが必要である

スキップフロアーの家は、有効にスペースが利用できますが、面積がある程度必要になります。スキップフロアーの家を収納として作るのみであれば、スペースも取らなくて簡単です。しかし、スキップフロアーの家を、面白さをスペースに出すために作るのであれば、相当収納を作る際とは違ってきます。 この場合は、別のフロアーとスキップフロアーとの繋がりを考えることが必要で、案外とスペースが限定されたり、スペースが必要になったりします。そのため、スキップフロアーの家を作る場合は、無駄が少し出ることも考えておきましょう。

 

052 753 4785
受付時間 AM 9:00 ~ PM 5:00

どんなんことでも、お気軽にon2 Achitects 建築設計事務所にご連絡ください !