JP

EN

ARCHITECTS

オーエヌツーアーキテクツ

名古屋建築設計事務所

03月07日18年

                      断熱リノベーションのおすすめ

一覧へ戻る

断熱

床暖房のメリットとデメリット

断熱リノベーションは、光熱費が低減できることと省エネになることの両方が達成できるため非常に着目されています。省エネについては、選択肢として太陽光発電を設置するというものもあります。しかし、太陽光発電を設置するのは、住宅のタイプによっては困難な場合もあります。そのため、断熱リノベーションが有効であることが現在着目されています。ここでは、断熱リノベーションのポイントについてご紹介しましょう。リノベーションする際には、リノベーションでできる断熱をぜひ考えてみましょう。

 

・断熱リノベーションは相当広い対象範囲になる

リノベーションによって断熱性をアップするためのポイントは、効果的に住宅に適した断熱材を使用することです。マンションの場合はコンクリートと壁材の間に断熱材を使用し、住宅が戸建ての場合は壁材と外壁との間に断熱材を使用するといいと思っている人も多くいるのではないでしょうか。しかし、断熱リノベーションを実際に行う場合は、相当広い対象範囲になる可能性が大きくなります。断熱性能として一定程度以上のレベルを目指すためには、断熱材を壁に使用する以外に、ほとんどの場合は天井や床の部分にも使用する必要がああります。断熱材を部分的に使用しても、効果が期待できない場合もあります。また、全体の住居において、熱がどのように流れているかをチェックした上で、断熱工事を最も適したようにしなければ結露が発生して住宅にダメージを与えるリスクもあります。そのため、断熱リノベーションの場合は、このような工事のノウハウを豊富に持っている業者を探すことが大切になります。

 

・開口部のリノベーションも断熱性を重要視する場合は実施する

主な断熱リノベーションの内容としては、断熱材を壁や天井、床などに使用することですが、この他にも工事をやる必要があります。この工事としては、開口部のリノベーションがあります。開口部というのは、外壁の他に屋外に面している玄関や窓などの箇所です。全体の住宅の断熱を考慮する際は、このような開口部も対策しないと、断熱性をトータル的にアップするのは困難でしょう。玄関の場合は高い断熱性があるものに変えることが大切ですが、窓の場合は二重窓を採用するのがおすすめです。二重窓は、空気層が2つの窓の間にできるので、断熱性をアップするためには非常に効果が期待できます。また、メリットとしては、結露も発生しにくいということもあります。

 

・壁とフローリングの断熱リノベーションの場合は工事が大掛かりになる

断熱リノベーションの場合は、全ての壁やフローリングの床を取り外しする場合も多くあります。しかし、全体の住宅の断熱性をアップするためであれば、仕方ないことがあります。そのため、壁とフローリングの断熱リノベーションの場合は、工事が大掛かりなものになる場合も多くあります。長い期間工事が掛かる場合は、仮住まいが必要なことがあり、騒音が工事をしている際に発生するため、近くの住人に説明するなどの気配りも必要になります。また、床や壁を取り外してみた結果、治すところが出てくる場合も多くああるため、考えても見なかったようなお金がかかることもあります。しかし、工事が大掛かりなものになって時間やお金がかかっても、断熱リノベーションによって断熱性がアップするのであれば、断熱リノベーションを真面目に考えてみましょう。このような場合は、断熱リノベーションの経験が豊富にあるいくつかの業者から相見積もりを入手して慎重に業者を選ぶようにしましょう。なお、相見積もりを入手する際は、一括の見積もりサイトなどを利用するのもおすすめです。

Share

052 753 4785

受付時間 AM 9:00 ~ PM 5:00

どんなんことでも、お気軽にon2 Achitects 建築設計事務所にご連絡ください !

on2 Architects

建築設計事務所

 

事務所登録:

一級建築士事務所

愛知県知事登録(い-26)第12821号mail : info@on2architects.com

覚王山事務所

 

〒464-0835

名古屋市千種区御棚町2-44

ヴィスコンティ覚王山 102号

T 052 753 4785

F 052 753 4785

上前津スタジオ

 

〒460-0013

名古屋市中区上前津1-2-21

T 052 753 4785