一戸建てのスケルトンリフォームのメリットとデメリット

20 / 01 / 2018

スケルトンリノベーション 戸建

スケルトンリノベーションは、単なる建て替えやリフォームとは違って、自由度と費用面において人気があります。ここでは、戸建てのスケルトンリノベーションのメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

スケルトンリノベーションのメリット

戸建てのケースのスケルトンリノベーションのメリットについてご紹介しましょう。

  • 耐震性がアップする

古い戸建てのスケルトンリノベーションの場合は、耐震性を工事の際にアップすることができます。耐震性をアップすると、補助を国や地方から受けられる場合もあり、少し工事費が安くなります。

  • 経年劣化した構造体が補修できる

構造体は築年数が経つにつれて劣化して傷んできます。しかし、スケルトンリノベーションであれば、どの程度どの箇所が傷んでいるかが十分にチェックできるため、補修工事が的確にできます。

  • 好きなように外壁や屋根もできる

スケルトンリノベーションであれば、内装以外に外壁や屋根も好きなように変更できます。個別にリノベーションを行うよりも、工事費は全て一度にまとめる方が安くなります。次に、マンションのケースのスケルトンリノベーションのメリットについてご紹介しましょう。

  • 間取りが生活様式に応じて変更できる

マンションの場合は、建築された年代で間取りが良く似ていますが、これはあまり現代の生活様式には適していません。

間取りの変更は単なる、リフォームではできません。しかし、スケルトンリノベーションであれば、壁も一旦取り除いてしまうため、間取りを大胆に変更することができます。部屋数を生活様式や家族数に応じて増減したり、広いリビングにしたり、キッチンを対面に壁掛けからしたりするなどもできます。なお、キッチンの位置は、マンション規約で変更できない場合もあります。

  • 遮音性がアップする

天井や床も高い遮音性の新しいものにすると、家庭に乳幼児がいる場合に気掛かりな近くへの騒音を少なくすることができます。

スケルトンリノベーションのデメリット

戸建てのケースのスケルトンリノベーションのデメリットについてご紹介しましょう。

  • 費用が高すぎる場合がある

戸建のスケルトンリノベーションの場合は、建て替えするよりも費用が高くなる場合もあります。この場合は非常に古い戸建てに多く、コンクリートが基礎に打っていない、問題が基礎にあるため打ち直しする必要があるなど、大きな工事規模になるケースです。また、スケルトンリノベーションの前に全体の家屋がすでに傾いている場合などは、柱の傾きをジャッキなどを使って補正するなどが必要なケースもあります。築50年以上の戸建てのスケルトンリノベーションの場合は、費用が非常に高くなることを把握しておきましょう。

  • 住宅面積が小さくなるケースがある

住宅密集地の都心部の場合は、すでにある戸建てを取り壊して新しく建てるセットバックの関係で、現在よりも住宅面積が小さくなるケースがあります。なお、セットバックというのは、4m未満の土地に接する道路幅の場合は、2m道路のセンターより後退して戸建てを建てる必要があるものです。次に、マンションのケースのスケルトンリノベーションのデメリットについてご紹介しましょう。

  • 工事中の騒音トラブルがある

スケルトンリノベーションの工事中は、騒音トラブルが発生する場合も多くあります。騒音について挨拶を事前に行っていても、近隣からたまに苦情があるかもしれません。

  • 制限がマンション規約である

スケルトンリノベーションの自由度が、マンション規約によっては低くなる場合もあります。マンションが古い場合は、IHが設置できなかったりするため注意しましょう。

 

052 753 4785
受付時間 AM 9:00 ~ PM 5:00

どんなんことでも、お気軽にon2 Achitects 建築設計事務所にご連絡ください !